• お電話でのお問い合わせ 0466-47-1000
  • インターネットでのお問い合わせ

ISO

国際品質保証規格「ISO9001」取得

当社はブロワ、コンプレッサ、真空ポンプ等の空気、特殊ガス圧縮機械の開発、製造会社として国際的な品質管理および品質保証の規格であるISO9001の認証を取得いたしました。

弊社独自の技術を生かした様々な導入例

ガスエンジン用ガスコンプレッサ

当社のガスエンジン用コンプレッサはその信頼性により、7MW級以下のガスエンジン用としては日本のシェア80%を誇ります。

ガスエンジン用ガスコンプレッサとはガスエンジンへの供給ガスを昇圧する為のコンプレッサです。ガスエンジンとは重油の代わりに重油と比較してCO2排出の少ないクリーンな燃料である都市ガス等メタンガスを燃料にしたエンジンです。

納入先)某自動車会社殿

型式:HC-2021GWDQ

仕様 
流体:都市ガス(13A)
流量:1,100Nm3 /h
吸入圧力:0.20MPa(G)
吐出圧力:0.51MPa(G)

ガスエンジン用ガスコンプレッサ納入例

粉体圧送車用コンプレッサ

粉体圧送車とはセメント粉、小麦粉などの粉体を輸送する為のタンクローリーであり、タンクにコンプレッサーで圧力を掛ける事によって、例えばセメントをバッチャープラント横のサイロに卸す事が出来ます。
当社はこの粉体圧送車用のコンプレッサは国内シェアの多くを占め、東南アジア、ヨーロッパ、オーストラリアなどの海外にも輸出されております。

型式:HS-1930HHG

仕様 
流体:常温空気
流量:7.1m3 /min
吸入圧力:大気圧
吐出圧力:0.2MPaG

粉体圧送車コンプレッサとは

粉体圧送車用コンプレッサ導入例 空冷コンプレッサ
粉体圧送車用コンプレッサ

粉体圧送車用コンプレッサ導入例 (1) 粉体圧送車(当社製コンプレッサ架装)
(1) 粉体圧送車(当社製コンプレッサ架装)

粉体圧送車用コンプレッサ導入例 (2) 粉体圧送車(当社製コンプレッサ架装)
(2) 粉体圧送車(当社製コンプレッサ架装)

(3) 粉体圧送車(チェコスロバキアにて使用)(当社製コンプレッサ搭載)
(3) 粉体圧送車(チェコスロバキアにて使用)
(当社製コンプレッサ搭載)

(4) 粉体圧送車(チェコスロバキアにて使用)(当社製コンプレッサ搭載)
(4) 粉体圧送車(チェコスロバキアにて使用)
(当社製コンプレッサ搭載)

液体圧送車用コンプレッサ NEW

液体圧送車用コンプレッサとは特殊な液体(化学薬液、硫酸バンド、アスファルト等)を輸送し、液体の積込元でのタンク内への吸引及び使用先で荷卸しする際に使用します。

型式:HS-RH1823A

仕様 
流量:1〜2m3 /min
吸入圧力:真空
吐出圧力:0.2MPa(G)

粉体及び液体運搬車用
コンプレッサーとは

液体圧送車用コンプレッサ
液体圧送車用コンプレッサ

液体圧送車(当社製コンプレッサ架装)
液体圧送車(当社製コンプレッサ架装)

カーボンピストンを用いた小型レシプロ式コンプレッサ

当社ではコンプレッサのピストンリングではなくピストン全体をカーボンにする事で摺動材の摩耗が無くなりました。
少量高圧形コンプレッサとして最適です。

納入先)某自動車会社殿

型式:HCE-RC4040AEF

仕様 
流体:都市ガス(13A)
流量:20Nℓ3 /min
吸入圧力:30〜40kPa(G)
吐出圧力:2MPa(G)

小型レシプロコンプレッサRCシリーズとは

カーボンピストンを用いた小型レシプロ式コンプレッサ

中圧減圧車に使用された揺動式コンプレッサ及び
レシプロ式コンプレッサ

都市ガス導管工事の際は導管中に充満している都市ガスを排除しなければなりません。以前は工事箇所を含むある区間をバルブで区切り、導管内の都市ガスを大気に放出しながら燃焼させていました。この方法を採るとCO2を多く出し、環境に悪影響が出ます。よって、これをせずに区切った導管内の都市ガスを他の区間にコンプレッサにて移動させ、排除させる方式を取る様にしました。その為に大阪ガス(株)殿が中圧減圧車を開発され、そこで使用されるガスコンプレッサとして当社のコンプレッサが採用されました。

納入先)大阪ガス株式会社殿

型式:HBE-2426TGDUQS-ED、HA-RC6050A

仕様 
流体:都市ガス(13A)
流量:1,000Nm3 /h
吸入圧力:0.0023〜0.65MPa(G)
吐出圧力:0.7MPa(G)

中圧減圧車に使用された揺動式コンプレッサ及びレシプロ式コンプレッサの導入例

中圧減圧車に使用された揺動式コンプレッサ及びレシプロ式コンプレッサの導入例

中圧減圧車に使用された揺動式コンプレッサ及びレシプロ式コンプレッサの導入例

中圧減圧車に使用された揺動式コンプレッサ及びレシプロ式コンプレッサの導入例

このページのトップへ
堀技研工業株式会社
〒252-0822 神奈川県藤沢市葛原2285番地
TEL.0466-47-1000 / FAX.0466-47-1075